ノンシリコンシャンプー選びで注目したい成分

含まれる成分によって効果は変わる

ナチュラルな仕上がりが人気のノンシリコンシャンプーですが、含まれる成分によって得られる効果も変わってきます。
主な成分とその特長をみていきましょう。

まず頭皮や頭髪の原料でもあるアミノ酸系の成分が含まれるものは、うるおいを保った穏やかな洗い上がりになるのが特長です。
商品ラベルの表示名はグルタミン酸やタウリン、またグリシンやラウロイルといった文字が含まれるものを目安に確認しましょう。

またアミノ酸系の中でもココイル系の成分は安全性が高く、さっぱりとした洗い上がりになります。
表示名はココイルメチルタウリンNaやココイルグルタミン酸Naなど、ココイルが含まれるものが対象になります。

子どもでも使える低刺激な成分

ベタイン系の成分は肌に優しく、お子様にも使えるほど低刺激です。
この成分は両イオン性といって酸やアルカリを中和する性質を持っています。
マイルドで保湿効果も高い洗浄成分なので、頭皮の弱い方には特におすすめです。
表示名はラウリルベタインやラウラミドプロピルベタインなど、ベタインという文字が含まれる項目です。

成分表示は食品の原材料表示と同じく、含有量の多いものから順に記載されています。
初めのほうに表示されているものほど重要視する必要があることを知っておきましょう。
せっかくのノンシリコンシャンプーも、自分に合わない商品を選んでしまったのでは意味がありません。
成分表をよく確認して、自分の求める効果に合った適切なシャンプーを選びましょう。